じゅんのーと!

読書やギター演奏を極めたい人のためのブログ。日常生活で役に立つ情報なども雑記していきます。

5分で分かる!ギターのチューニング方法と種類

f:id:rhythm77:20190521091427j:image

 

 

 

1.チューニングはギターを弾く上で必須のスキル

 

こんにちは! 今日も孤独にギターを弾き続ける、じゅんです。

 

別に寂しくありません。

 

だって、一人こそ内面を深めることが出来る唯一の時間だから。

 

・・・・・・

 

え?お前の話なんてどうでもいい?・・・

 

ごもっとも。

 

それではいってみましょう!今回はチューニングのお話です。

 

Let's guitar三昧!

 

 

 

 

 

ギターを買ってみたものの、「チューニングってようわからんねん・・・」という方や、「チューニングしてみたものの何か音が違う気がする・・・」という悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

 

私もチューニングに関してはいろいろ試行錯誤してきました。

 

「それ以前にチューニングって何よ?」という方のために説明すると、チューニングは音程を基準の音に合わせる(楽器を正しい音程に調整する)ことを言います。

 

ギターなどの弦楽器は、ほっておくと気温の変化などでどんどん音程が変わってしまうので、定期的に音程を調整してあげる必要があるのです。

 

それではチューニングってなに?ということが分かったところで、その方法を紹介していこうと思います。

 

 

1.1 チューナーこそチューニングの基本

 

チューニングの一番簡単な方法は「チューナー」を使うことです。

 

チューナーはギターのヘッドに取り付けて使用するものや、ギターとシールドでつないで使用する携帯式のもの、エフェクトボードの中にペダルとして組み込むものなどがあります。

 

私のお勧めはヘッドに取り付けて使用するタイプのチューナー「KORG クリップ式チューナー AW-LT100G」

 

 (画像はAmazonリンク:KORG 100時間連続駆動 ギター専用 クリップ式チューナー AW-LT100G)

 

音程判断の精密さという意味では、シールドでギターと繋ぐタイプには勝てないのですが、なによりギターのヘッドに取り付けるだけでチューニングが出来るという利点があります。

 

このタイプは実際にアンプから音を鳴らさなくても、弦を弾いただけで振動から音程を判断してくれるのでとても便利なのです。

 

 

1.2 一般的なチューニングの方法(レギュラーチューニング)

 

チューナーにはいろいろな種類があるものの、実はどれもチューニングのやり方自体はほとんど同じです。

 

基本的にギターで弾いた音をチューナーが受け取り、音程の判断をします。

 

f:id:rhythm77:20190507123125p:plain

画像1 6弦の正しいチューニング結果



画像1はギターの6弦(一番太い弦)の解放弦(左手で弦を押さえない)を弾いたときのチューナーの正しい反応で、最終的にこの状態にする必要があります。

 

では音程が間違った状態とはどんな場合でしょうか?

 

・基準音より音程が下がっている(フラット)場合

f:id:rhythm77:20190507123511p:plain

画像2 間違ったチューニング(音程がフラットしている)

 

・基準音より音程が上がっている(シャープ)場合

f:id:rhythm77:20190507123626p:plain

画像3 間違ったチューニング(音程がシャープしている)

 

・基準音より大幅に音程がずれている(Eと表示されるべきところが、Dと表示されてしまっている)

f:id:rhythm77:20190507123922p:plain

間違ったチューニング(音程が大幅にずれている)

 

このような場合、ギターのヘッド部分についているペグを回すことで音程を調整し、最終的に画像1の状態にもっていく必要があります。

 

(備考)

ギターは弦を強く弾くと音程がシャープするため、どのくらいの強さで弾いたときにチューニングするのかという疑問があるかもしれません。

 

とりあえずは自分が普段弾く強さ(強すぎず弱すぎず)でいいと思います。

 

ちなみにハードロックやメタルなどの楽曲は強くピッキングするため全体的にシャープしがちですが、むしろそれがかっこよさや勢いになったりします。

 

 

ところで画像2~4で基準音という言葉を使いましたが、何を基準にしているのかということを次の項で説明したいと思います。

 

 

1.3 音名のドは英語でC

 

まず、ドレミファソラシドという音階をみなさんはご存じですよね?

 

実は、その一つ一つに対してアルファベットがつけられているのです。

 

ド  ⇒  

レ  ⇒  

ミ  ⇒  E

ファ ⇒  F

ソ  ⇒  G

ラ  ⇒  A

シ  ⇒  B

 

 

チューナーではドを弾けばCと表示されますし、ソを弾けばGと表示されます。

 

そして、基本的にギターは以下のように調整します。(レギュラーチューニング)

 

6弦解放弦 ⇒ E

5弦解放弦 ⇒ A

4弦解放弦 ⇒ D

3弦解放弦 ⇒ G

2弦解放弦 ⇒ B

1弦解放弦 ⇒ E

 

 

私のチューナーの場合、アルファベットの前に弦の数字がつき以下のように表示されます。

 

6弦解放弦 ⇒ 6E

5弦解放弦 ⇒ 5A

4弦解放弦 ⇒ 4D

3弦解放弦 ⇒ 3G

2弦解放弦 ⇒ 2B

1弦解放弦 ⇒ 1E

 

細い弦になればなるほど音程が上がっていき、1弦は6弦の2オクターブ上の音になってます。

 

初めてチューニングするという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

もし何か分からないことがあれば、私のツイッターなどに質問していただければお答えします! 

 

 

2.知っておくと便利なチューニングの種類は4つ

 

基本のレギュラーチューニングについて説明しましたが、実はチューニングは他にもたくさんあります。

 

いろいろな曲を弾いてくうちにレギュラーチューニングだと弾けない曲というものが出てきますので、ぜひこれから説明するチューニングを参考にしてみてください。

 

 

2.1 半音下げ

 

半音下げチューニングはレギュラーチューニングから、全ての音を半音下げたチューニングです。

 

半音下がることで全体的に音が良い意味で暗くなり、重量感を出したい時に使うチューニングでもあります。

 

BUMP OF CHICKENの楽曲は半音下げが多いことが有名ですね。

 

天体観測

天体観測

  • provided courtesy of iTunes

 

 

チューニング方法は以下になります。 

 

6弦解放弦 ⇒ E♭

5弦解放弦 ⇒ A♭

4弦解放弦 ⇒ D♭

3弦解放弦 ⇒ G♭

2弦解放弦 ⇒ B♭

1弦解放弦 ⇒ E♭

 

 

2.2 ドロップD

 

ドロップDチューニングはレギュラーチューニングから6弦のみ一音下げたチューニングです。

 

なぜこんなことをするのかというと、もちろん6弦を一音下げた時の低い音を楽曲の中で使用するからというのがほとんどだと思います。

 

しかし、それだけではなく、このチューニングだと人差し指一本でパワーコードを押さえられるという利点があります。

 

つまり以下の状態です。

 

f:id:rhythm77:20190507131553p:plain

画像4 ドロップDチューニングによるパワーコード

 

これは人差し指で5弦と6弦の7フレットを押さえて、Aのパワーコードを弾いている画像です。

 

本来ならAのパワーコードは、人差し指で6弦5フレット、薬指で5弦7フレットを押さえないといけないですよね?

 

f:id:rhythm77:20190507131825p:plain

画像5 レギュラーチューニングによるパワーコード



 

つまりドロップDだとパワーコードがだいぶ楽に弾けることが分かると思います。

 

チューニング方法は以下です。

 

6弦解放弦 ⇒ 

5弦解放弦 ⇒ A

4弦解放弦 ⇒ D

3弦解放弦 ⇒ G

2弦解放弦 ⇒ B

1弦解放弦 ⇒ E

 

 有名な曲だと、hideさんの「ピンクスパイダー」がドロップDチューニングになります。

 

ピンク スパイダー

ピンク スパイダー

  • provided courtesy of iTunes

 

 

後はRoseliaの「Neo Aspect」。

 

Neo-Aspect (リマスターver.)

Neo-Aspect (リマスターver.)

  • provided courtesy of iTunes

 

 

余談ですが、この2つの曲はGIGSの2018年6月号にギター譜が掲載されているため気になる方はぜひ読んでみてください。

 

(画像はAmazonリンク:GiGS (ギグス) 2018年 06月号) 

 

2.3 一音半下げ

 

ごりごりのメタル楽曲などで使われることが多いチューニングです。

 

まず全体を半音下げチューニングにし、そこからさらに6弦のみ一音下げます。

 

6弦解放弦 ⇒ C#

5弦解放弦 ⇒ A♭

4弦解放弦 ⇒ D♭

3弦解放弦 ⇒ G♭

2弦解放弦 ⇒ B♭

1弦解放弦 ⇒ E♭

 

GRANRODEOの「ROSE HIP-BULLET」が一音半下げチューニングです。

ROSE HIP-BULLET

ROSE HIP-BULLET

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.4 DADGAD

 

Led ZeppelinJimmy Pageが使用していたことで有名なチューニングです。

 

Kashmir

Kashmir

  • provided courtesy of iTunes

 

変則チューニングなのであまり使うことはないかと思われますが、参考程度に知っておくと良いと思います。

 

6弦解放弦 ⇒ 

5弦解放弦 ⇒ A

4弦解放弦 ⇒ D

3弦解放弦 ⇒ G

2弦解放弦 ⇒ 

1弦解放弦 ⇒ 

 

 

3.チューニングは楽曲を彩るカラーになる

 

基本的なチューニングの方法から、ちょっとマニアックなチューニングまで解説してきましたが、こんなに種類があるのかと驚いたのではないでしょうか?

 

私が知っている限りでは、この他にもドロップCチューニングというものが存在します。(最近知りました)

 

これらを無理に覚えるというというよりは、そのチューニングでないと弾けない曲に出会った時にその都度確認すればいいと思います。

 

この機会にいろんなチューニングの曲に挑戦してみてください!

 

チューニングだけで本当に音の雰囲気が変わるので面白いですよ!

 

それではまた別の記事でお会いしましょう!

 

 

4.お勧め関連記事

 

zyun-note.hatenablog.com

 

zyun-note.hatenablog.com

 

神保町「本の街」を歩く~本の魔力に散財した一日~

f:id:rhythm77:20190517113414p:plain

 

 

 

1.均一棚で良書発見!

 

しばらく本を買っていなかったこともあって、無性に本と触れ合いたくなり神保町へ直行。

 

私はいつも御茶ノ水駅から明大通りを歩き古本街へ向かうのであるが、その時はなぜか御茶ノ水駅方向で電車の遅延が発生していたので神保町駅まで電車で行った。

 

神保町駅は目の前が古本屋の通りなので、とりあえず店前に出ている均一棚を眺めて行く。

 

そして古本屋の均一棚でまず目についたのが、丸谷才一別れの挨拶」(集英社)。

 

 (画像はAmazonリンク:丸谷才一 別れの挨拶 集英社) 

 

丸谷才一さんの名は古本ライターの岡崎武志さんの書籍で紹介されていたため以前から気になっていたのだ。

 

中を覗いてみると、うん、確かな文章力と面白さをすぐに感じ取り、裏表紙を確認300円、買いだ。

 

そこからはめぼしいものが見当たらず、三省堂書店に着く。

 

ここからが、今日の勝負だった。

 

 

2.三省堂書店で新刊本に散財

 

一応紹介しておくと、三省堂書店は大型の新刊書店である。(神保町店では古本を販売しているエリアもある)

 

在庫の量が圧倒的に違うので、小さな新刊書店に何度も行くより月に一度三省堂書店に行ってまとめ買いした方が良い本を見つけられる可能性が高い。(と私は思う)

 

本を買うなら三省堂と言っても過言ではない。

 

そして、神保町には三省堂書店東京堂書店などの大型書店、道路に沿うように古本屋が並んでいて良い意味で目が眩みそうになる。

 

こんなに本に恵まれた街はないよなぁ。

 

本がつまらないという人は、神保町で本を買うべき。本当に。

 

 

2.1 講談社文芸文庫は本の宝石箱

 

三省堂書店に入ってすぐに向かったのが、講談社文芸文庫の棚。

 

以前から、個人全集月報集というのが気になっていたからだ。

 

いわゆる全集ものについてくる、著者紹介の冊子を一冊の本にまとめたものである。

 

これが著者に関係する作家さんなどが書いていることもあり非常に面白いのだ。

 

そして買い物カゴにすぐ突っ込んだのが、講談社文芸文庫編「個人全集月報集 安岡章太郎全集 吉行淳之介全集 庄野潤三全集」(講談社文芸文庫)だ。

 

 (画像はAmazonリンク:個人全集月報集 安岡章太郎全集 吉行淳之介全集 庄野潤三全集 (講談社文芸文庫) )

 

2019/05/17時点のAmazonを見てみると中古しか売っていない、もったいないなぁ。

 

この本も確か岡崎さんの著作で紹介されていたものだった気がする。

 

いわゆる第三の新人と言われる作家さん達で、それぞれ芥川賞を受賞した経歴をもつ。

 

私は安岡章太郎さん「花祭」、吉行淳之介さん「夕暮れまで」、庄野潤三さん「夕べの雲」をそれぞれ読んでいて、その段違い文章力と表現力に不変的な価値を感じていた。

 

そして個人全集月報集をカゴに入れた勢いで手に取ったのは、吉行淳之介さんの丸谷才一編「やわらかい話 吉行淳之介対談集」(講談社文芸文庫)。

 

(画像はAmazonリンク:やわらかい話 吉行淳之介対談集 (講談社文芸文庫))

 

つくづく思うのが講談社文芸文庫は良書が揃っている。

 

昔は岩波文庫こそ「文庫の王様」という感じであったらしいが、最近だと100円の均一棚などでもよく見かける。

 

今は古本屋も専ら講談社文芸文庫で、これは定価の半額を切ることが少ない、人気の高い文庫である。

 

 

2.2 希代の名作家「後藤明生」の作品集

 

次に向かったのが、単行本の棚。

 

今日は高い本を買おう!と決めていたため、いつもとは違う観点で本を見ていたわけだが、そこで見つけたのが「後藤明生コレクション 前期Ⅰ」(国書刊行会)。

 

後藤明生さんの著作に初めて触れたのが「挟み撃ち」でその難解な文学にそれなりの洗礼を浴びたわけだが、読後に他の著作はどんなものなんだろうと気になっていたのだ。

 

これは「挟み撃ち」を読んだときの私のツイート。

 

後藤明生さんの作品はほとんど文庫されていなかったため入手が困難で、他の著作はいつか古本屋で見つかればいいやと思っていた。 

 

そしてそんな中、いわゆる後藤明生の作品集を発見したため手に取らずにはいられなかったのである。

 

中を覗いてみると、驚いた。

 

あんなにも難解だと感じていた後藤明生さんの著作が、全く違う景色を見せていたからだ。

 

私が試し読みしたのは「関係」という短編だったが、「挟み撃ち」のように難解な始まり方をしていなかったため逆に興味が沸いた。

 

今ちょうど「関係」を読み終えたのだが、読みやすいといっても後藤明生さんの作品なのでやはり一度ではなかなか理解が出来ない。

 

小沼丹さんの「村のエトランジェ」を読んだときも感じたことだが、良い文学作品は内容理解のため何度も読みたくなるのである。

 

骨のある小説と言おうか、かみ砕けば砕くほど味が滲み出てくるそんな小説を読みたいものである。

 

 

2.3 読書論から数学やSFまで幅広いジャンルの本を楽しもう!

 

そして次に目を引いたのが「本の虫の本創元社

 

(画像はAmazonリンク:本の虫の本(創元社))

 

表紙を眺めていると、本の虫として紹介されている5人の中に岡崎武志さんの名があったからだ。

 

この本に限ったことではないが、筋金入りの読書家の読書論は本当に面白い。

 

ぶっちゃけ、どんなジャンルの本よりも面白いと感じることが多い。

 

そして最後に向かったのが数学関連の棚で、そこからも一冊カゴに入れ、最終的にかかった金額が14000円弱。

 

う~ん、まいったなぁと心の中でつぶやいたものである。

 

それでも、目当ての本や「こんな本もあったんだ!」という発見もあったため躊躇せずお金を出した。

 

正直な所、当初は古本目当てで神保町に来ていたためここまで新刊本を買うことになるとは思っていなかった。

 

なので三省堂書店を出てからいくつかの古本屋を回ってみた。

 

そして見つけたのが、早川書房編集部編「SFハンドブック早川書房である。

 

 (画像はAmazonリンク:SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF))

 

私は今まであまりSFというものにあまり触れてこなかったが、早瀬 耕グリフォンズ・ガーデン」 (ハヤカワ文庫JA)を読んでから、その科学的な側面の強い不思議な物語に強く関心を抱いていたのだ。

 

私は500円でこの本を購入したが、今Amazonを見てみるともう少し安い。

 

多少損しているが、まぁ、それも実際に古本屋で買う楽しみを得た代金だと思えばなんてことはない。

 

このSFハンドブックは、名作の紹介やSF専門家による対談などが収録されており、SF初心者にもお勧めの内容だ。

 

 

3.本の病にかかる

 

1か月に一回、いや2ヶ月に1回でもこういう日を作りたいと思った。

 

なぜなら、本を買ってここまで充実感を感じ、後悔しなかったのも初めてだったから。

 

それはおそらく、今まで読書してきたことが無駄にならず血と肉となっていたからだろうし、本に対する向き合い方も以前よりうまくなったからだと思う。

 

神保町に行った当日のツイートが以下。

 

 

 

金銭的な問題で、そうそう頻繁に神保町の本屋に行くなんてことは出来ないが、だからこそ行ったときの楽しさは倍増するし、もっと本を読みたい!もっと本が欲しいと思うようになるのである。

 

最近は本当に講談社文芸文庫の虜になってしまっているので、その欲求を抑えるのに必死だ。

 

みなさんも、神保町の本屋に行けば、きっと「本の病」にかかってしまうはずである。

 

そしてこの駄文をここまで読んでしまった方はみなさん文章に寛容な方だと思うので、まだ神保町の本屋に行ったことがないという方はぜひ人生の新しい扉を開けてほしい。

 

 

4.お勧め関連記事

 

zyun-note.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

p.s.

最後まで読んでくださった方、貴重なお時間を割いていただき本当にありがとうございました。

 

最近はどうやったらみなさんが読みたいと思える記事を書けるのか、へぼい頭を一生懸命使っていろいろ模索しています。

 

やはり、ある程度文章量がある方がみなさん読んでくださるようですね。

 

読んでくださっている方もあまり多くないので意味のないことかもしれませんが、こういうことを書いてほしい、またはこうした方がいい等のアドバイスなどありましたらぜひブログにコメント、またはツイッターの方にご意見お願いします。

 

「つまんね・・・」、「もっと役に立つ記事書けよ」とかでもいいです!

 

冗談です、誹謗中傷は勘弁してください(笑)

 

ですが、この情報は間違っているとかその考え方は間違っているなど等であれば紳士に受け止め今後の改善を図っていきたいと思っています。

 

それではまた、当ブログでお会いしましょう!

 

【感想】GRANRODEO「M・S COWBOYの逆襲」~心の風向きは自分で決めろ~

 

f:id:rhythm77:20190514212658j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 

1.革新的で実験的なサウンド

 

GRANRODEOの新作「FAB LOVE」が5月15日に発売する。

 

待ちきれなくて何かふわふわしているじゅん。

 

よろしくどうぞ。

 

この期待感を放出するために、前回のミニアルバムをもう一度手に取って聴いてみた。

 

ミニアルバムのタイトルは「M・S COWBOYの逆襲」。

 

凄いタイトルである。

 

GRANRODEOには「modern strange cowboy」という楽曲あるのだが、それを意識してタイトルをつけたのだと思う。

 

GRANRODEOの凄さは、とにかく”新しさ”を追求しているところ。

 

それはシングル曲になるほど如実に現れているのだが、とにかく今までにない音符やリズムがこれでもかというくらい散りばめられるのである。

 

聴けば聴くほど、KISHOWさんのボーカルがクセになり、e-ZUKAさんのギターに酔いしれる。

 

そして例にもれずこの「M・S COWBOYの逆襲」も素晴らしい出来。

 

 

2.「 M・S COWBOYの逆襲」レビュー

 

このアルバムは全部で6曲入りで、うち2曲がインストゥルメンタルとなっている。

 

歌モノアーティストの場合、どうしてもインストは影に隠れてしまいがちだが、今回のアルバムは全体を通してとてもクオリティの高いものとなっている。

 

それでは行ってみよう!

 

 

2.1 表題曲は珍しくファンキーなナンバー

 

表題曲の「M・S COWBOYの逆襲」は、GRANRODEOには珍しいファンキーな楽曲で、KISHOWさんのフェイクの入れ方神がかっていた。

 

歌の上手い人ってフェイクもめちゃくちゃ上手いよな・・・

 

それにe-ZUKAさんのギターソロはジェフベックばりのアーミングプレイを聴かせてくれる。

 

M・S COWBOYの逆襲

M・S COWBOYの逆襲

  • provided courtesy of iTunes

 

 

この曲で特に印象に残った歌詞がある。

 

あの頃は良かった become 言うけれど

10年後もまだ言ってるつもりかい?

 

私は昔から、年長者の昔は良かったという言葉が苦手だった。

 

今を否定するということは、今を生きる私達を否定しているという風に聞えるからだ。

 

もちろん、私は今が好きなわけではない。

 

しかし、昔の方が良かったとは思わない。

 

人生は苦難の連続で、それは今も昔も変わらないから。

 

KISHOWさんはどういう意味を込めて歌詞を書いたのかは想像でしかでないけど、「昔の~(音楽グループ)は好きだったけど、今はなぁ・・・」というのが口癖の人に向けて言っているのかなと勝手に想像していた。

 

もう一つKISHOWさんらしさがうかがえる歌詞がある。

 

We gonna do be wanna do

解き放たれたような feelin' が愛しい

 

KISHOWさんはインタビューで自分のパフォーマンスについて聞かれたときに頭で考えずに感覚でやっている、というようなことを言っていた。

 

また、ライブでのパフォーマンスは本当に天才的でかっこいいのだが、練習をめちゃくちゃしたという感じを絶対に見せない。

 

ボイストレーニングにも行ったことがないし、リハーサルが嫌いという点からもそれが伺える。

 

つまりKISHOWさんの内から出るFeelingが、観客を魅了しているのである。

 

まさに音楽から愛されているといっていいと思う。

 

話を戻そう。

 

表題曲の前に「Overture 2009」というイントゥルメンタルが入っていてどういう意味だろうと思っていたが、「modern strange cowboy」が発売されたのが2009年だから、あぁなるほどと。

 

overtureは少し調べてみると音楽的な意味で「序曲」という意味があるみたい。

 

なので「modern strange cowboy」の始まりが2009年だよといったことを言いたいんだと思う。

 

 

2.2 東方系を彷彿とさせる革新的な一曲

 

3曲目に収録されているのは「いつかのクーデター」という曲。

 

こちらもGRANRODEOには珍しいピコピコした音を使っている楽曲。

 

基本的にはハードロックなのだが、どこか今の音楽を継承しているような響き(東方系?)である。

 

そういった意味でもe-ZUKAさんの挑戦が垣間見える楽曲。

 

いつかのクーデター

いつかのクーデター

  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.3 アニソン界のトップアーティストは伊達じゃない

 

そして、4曲目に収録されているのが衝撃の楽曲「Imaginary song」。

 

あれ?なんかこのタイトル見たことないか?と思ったあなたはそこそこの音楽通でしょう。

 

そう、Led Zeppelinの名曲「Immigrant Song」だ。

 

明らかにこの曲の意識して作られていることが分かる。

 

なぜなら、タイトルに加え、曲入りのドラム似ていることと、ボーカルが超高音というところが同じだから。

 

オマージュに近いものを感じる。

 

おそらくGRANRODEO楽曲の中で一番キーが高い楽曲だ。

 

途中でシャウトが入るが、正直この高さをこの太さで歌える歌手は見たことない。

 

この太さとクオリティはもうレベルが違う。

 

もうとっくに、アニソンバンドというだけでなく、ロックバンド、メタルバンドとして認知されているGRANRODEOだが、これを歌われてしまったらもう何も言えないだろう。

 

X JAPANYOSHIKIさんの番組で、紅を半音上げで歌うというすさまじいことをやってのけたKISHOWさん、やはりすごい。

 

Imaginary song

Imaginary song

  • provided courtesy of iTunes

 

 

KISHOWさんのすごさは、超高音楽曲を高音と感じさせないところ。

 

あまりに太く、余裕をもってうたわれるから耳が錯覚するのである。

 

この曲を初めて聴いたとき、あまりの高さに驚いたのと同時に、KISHOWさんの声が心配になったほどだった。

 

この曲はe-ZUKAさんとKISHOWさんでちゃんとキー合わせしたという話だったので、無理にというわけではなかったらしいから少し安心したのを覚えている。

 

5曲目の「Vengeance」はボーカルのないイントゥルメンタルで、e-ZUKAさんのギターがとてもフィーチャーされている。

 

e-ZUKAさんならではのスライドやチョーキング、スイープといったギター奏法を散りばめた楽曲で、コピーするのはなかなか難しそうだがとても刺激を与えてくれる楽曲。

 

アニメ業界では、ある意味で曲に派手さが求められるが、e-ZUKAさんはRockとその派手さをうまく融合し革新的な楽曲をたくさん世に出してきている。

 

そして、そこで繰り出されるギタープレイはe-ZUKAさんならではのもので、最近はなんとなくだが他のアーティストの曲でも、これe-ZUKAさんギター弾いてね?(e-ZUKAさんはスタジオミュージシャンでもあります)って分かるようになってきた気がする。(あくまで予想だがほとんど確信)

 

 

2.4 心の風向きを自分で決める

 

そして最後の曲である「odyssey ~そのなんとなくを知りながら~」は、胸にくる壮大なバラード。

 

odyssey ~そのなんとなくを知りながら~

odyssey ~そのなんとなくを知りながら~

  • provided courtesy of iTunes

 

 

世界の優しさだとか せつない胸の風向きは

誰彼なく自分で決めよう

 

本当にこれ、略して本これ。

 

世界はこんなにも素晴らしいとか、こんなにも残酷だとか、そんな情報に踊らされるのは私自身もうたくさんだと思う。

 

世間的に正しいとか間違っているとかを気にして生きていても良いことはない。

 

まぁ、結局何が良いかというと、善悪は自分で決めろということ。

 

他人を基準にして生きると遠かれ少なかれ裏切られる時がくる。

 

まぁ、その時初めて学べるともいえるかもしれないが。

 

世間的に無駄だと言われていることでも、自分がそれに価値を見出していればいい。

 

 

3.まとめ

 

今回のアルバムも例にもれず革新的な一枚となったわけだが、GRANRODEOの今後の方向性はどうなっていくのだろう。

 

もうかなりの種類の楽曲をやっていて、素人目で見るともうやりきってしまったのではないかと思ってしまうことがあるが、本当に毎回新しさがあり最高に五感を刺激してくれる楽曲を作るのはすごいことだと思う。

 

いろいろ熱く語ってしまったが、GRANRODEOファン歴10年としてはいろいろ感慨深いところもあり、今回は記事にさせていただいた。

 

私にとって音楽の素晴らしさ、ライブの素晴らしさを教えてくれたのはGRANRODEO以外には存在しない。

 

 

 (画像はAmazonリンク:「M・S COWBOYの逆襲」 (初回限定盤) (特典なし) 限定版)

 

 

4.お勧め関連記事

 

zyun-note.hatenablog.com

 

【感想】漫画版「Fate/stay night Heaven’s Feel」~絶望の先に見た光~

f:id:rhythm77:20190508201908j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 

 

1.偶然見つけた名作ゲームの漫画

 

漫画版Fate stay night Heaven’s Feelを買ったのが数か月前。

 

その時購入したのが1巻から3巻までで、原作のゲームをやっていても面白いと思える素晴らしいものだった。

 

このFateという作品、知らない方もいるかと思われるので軽い紹介をしておく。

 

FateTYPE-MOON原作のPCゲームで、聖杯戦争という英霊どうしの戦いがメインの物語である。

 

英霊はそれぞれマスターと呼ばれる人に使役され、令呪という鎖で縛られている。

 

聖杯戦争の名の通り、勝利者にはどんな願い事も叶える聖杯が与えられるため、マスターはもちろん、英霊も自身の願いのために聖杯戦争に参加している。

 

とまぁ、このようなゲームなのだが、実はこのゲーム、伝説的なヒットを記録している。

 

ライターの奈須きのこ先生の素晴らしいシナリオと、作画の武内崇さんの美しいイラストがユーザーの心に響いたのである。

 

Fate stay night Heaven's Feelは、このゲームの最終章にあたるルートだ。

 

 (画像はAmazonリンク:PC版をPSVITAに移植したFate stay night)

 

 

2.漫画版FateHF~変わることの難しさ~

 

漫画版では「タスクオーナ」先生という漫画家が執筆されており、とても原作を大事にしているイラストとシナリオ展開に読んでいてとても嬉しくなる。

 

ヒロインである間桐桜の、儚げでどこか寂しさの感じる描写などがとても自然に漫画に溶け込んでいるのである。

 

 

2.1 諦めと強い想い

 

人間の闇というのは、普段表面に出すものではないが、知らず知らずの内にそれが自分を形作る顔になっているもの。

 

どんなに強く生きようと思っていても、何度もそれをへし折られれば人間は諦めてしまうもの。

 

桜はどこかそんな諦めが顔に出ているキャラクターで、Fateシリーズの中ではそういった意味で一番共感出来るキャラクターだったかもしれない。

 

桜は毎日主人公の衛宮士郎の家に通い料理を作るという、なんともうらやましくなるような可愛らしい後輩で、士郎のことを「先輩」と呼びとても慕っている。

 

余談だが、私が高校時代の頃は、家に来てくれる後輩はおろか、友達すらいなかった。

 

私は学校の休憩時間に本(ラノベ)を読むということを平気で行なっていたような人間だからしょうがないのかもしれないが。

 

本当にどうでもいい話だ。

 

この漫画を読んでいて特に驚くのは、桜が士郎を想う気持ちである。

 

いっかいの高校生が抱く感情とは思えないほど強い愛、言い方を変えると依存を感じるのである。

 

それは桜が今まで間桐の家で受けてきた仕打ちが関係してくるのだが、想像を絶する運命にありながら、それでも主人公を信じている点がすごい。

 

 

2.2 オカン属性をもつ正義の味方

 

桜が想いを寄せる主人公の士郎はどういう人物なのかというと、端的にいえば正義の味方。

 

桜が士郎を好きになるのも少しだけ分かってしまうほどのいい奴。

 

生徒会長の友人の頼みを進んで引き受け、桜の兄である慎二に押し付けられた雑用をたんたんとこなす、まさにオカンのような存在である。

 

そんなオカンな士郎は、家でも最大級のオカン力を発揮している。

 

士郎の姉替わりであるタイガーこと藤姉の朝食と夜食を毎日作り家事選択を全てこなすのだ。

 

とても高校生男子とは思えない。

 

まさにオカン。

 

まぁ、つまり、困っている人がいると絶対に助けずにはいられないのが衛宮士郎なのである。

 

これは桜も好きになるわ・・・

 

いや、桜だからこそ士郎に強い愛情を向けているのかもしれない。

 

絶望の中暮らしている桜の、一筋の光が衛宮士郎なのである。

 

 

(画像はAmazonリンク:漫画版Fate stay night Heaven’s Feel(1))

 

 

2.3 普通じゃない理由

 

しかし、普通の人間が士郎のような正義の味方になるかということを考えると・・・そうはならないよなぁと思うのが正直なところ。

 

実際、士郎がそうなったのにはちゃんと理由がある。

 

それは、一度地獄を見て、その地獄のふちで衛宮切嗣に助けられたことである。

 

切嗣が士郎を助けるまでにも深い道のりがあるのだが、士郎はそのことを知らないので、その助けられた記憶だけが鮮明に焼き付いているのである。

 

そんな切嗣に恩返しするかのように、士郎は正義の味方への道を走り出す。

 

私はFateのファンであると同時に士郎のファンでもあるのだが、とてもじゃないがこうはなれないなと思う。

 

人にいいように使われても怒らず、縁を切らず、親しく接するなんて、私の場合もって一日だろう。

 

なんてことを考えている私には、本当に士郎はまぶしい存在だ。

 

 

2.4.変わることは99%難しいが0%じゃない

 

物語が動き出すのは、士郎が慎二に頼まれた弓道場の掃除を遅い時間まで行い帰宅しようとしたところ、校庭で得体の知れない戦いに鉢合わせるところからだ。

 

人間とは思えない常軌を逸した動きを見ている内に自分の身に危険を感じて、逃げ出すがすぐに見つかってしまう。

 

この得体の知れない二人というのがみなさんの想像通り英霊で、つまり英霊どうしの戦いが校庭で行われていたのだ。

 

物語が進んでいくうちに、士郎自身もマスターとなり英霊と出会うことになる。

 

それがセイバーである。

 

英霊の中で最強と言われるセイバークラスを呼び出したのは、魔術師としては三流以下の士郎だった。

 

実は原作の3つあるルートの内の1つはこのセイバールートなのである。

 

それぐらい重要な立ち位置にキャラクターで、そのセイバーが今回のHFルートだとどうなるのかというこがこの作品の一つの見どころだ。

 

士郎は自分が過去に起きた地獄を繰り返さないために聖杯戦争に参加するが、実はこのHFルートでは他のルートにはない決定的な変化が士郎に訪れる。

 

もちろんそれはここでは言わないので、原作をプレイしたり漫画を読んでほしいのだが、自分の信念と大切なものを天秤にかけることの苦しさを存分に描き切っている。

 

変化というものは、簡単なようでいてとても難しいものだ。

 

私のように、すれてしまった人間には誰かに言われて変わるなんてことは難しい。

 

もちろん、HFでの士郎の悩みはそんなちんけで矮小な悩みではないが、士郎が最後に出した決断はすごく私の中でしっくりきたし、すごく嬉しかった。

 

それは私にとっては絶対に不可能な変化であり理想であったからだ。

 

 私も心の中では誰も悲しまない、笑っていられる世界になればいいと思っている。

 

そこに絶望し私のように屈折した人間になるか、士郎のように信念を持つかで人間の価値は変わってくるのかもしれない。

 

士郎はこのHFで確実に変化が訪れるが、それは悪いものではなくとても尊いものである。

 

そんな変化を私もしたいと思う限りだ。

 

 

3.映画版FateHF~絶望に立ち向かう意志~

 

実はこのFate stay night Heaven's Feelは映画化されている。

 

今年の冬に映画第二章が放映され、大盛況だったのを覚えている。

 

制作はufotable(テレブアニメFate Zero、 Fate UBWを担当した)で、その素晴らしい技術を存分に活かし、今までのアニメ映画にはないほど美麗な映画となった。

 

特に第二章では、士郎の決意が明確になる。

 

とても苦しく身がよじれるような選択をした士郎は、本当に理想的でこんな人間になれたらなと心から思ったものである。

 

そして桜の心のヒビが取り返しのつかないところまできてしまうのがこの第二章でもある。

 

桜にも大きな変化が訪れるが、ここまでのことを経験し狂わないほうがおかしいのであって悲しい物語だがどこか現実的な側面も持っているようなそんな気がした。

 

ぷつん、と何かが切れる瞬間というものは、人間が生きていれば何度かは経験することになるだろう。

 

盲信していたことが信じられなくなったり、自分のキャパを超える出来事が身に降りかかったて来た時などである。

 

間桐桜の場合、長年蓄積していった心と体の”傷”が間桐臓硯によって強制的に浮かび上がらせられ、貯めてきた力の暴走が始まる。

 

Fateシリーズの中で、一番見ていて辛くなってくるシーンだ。

 

そこまでが第二章で、来年の第三章で映画が完結する予定。

 

(画像はAmazonリンク:映画版Fate stay night Heaven's Feel第一章) 

 

 

4.さいごに

 

私が現在読了しているのは第3巻までである。

 

少し調べてみると現在は7巻まで進んでいるから、映画の方が先に進んでいるようだ。

 

しかし、漫画としてのクオリティがとても高いから、いずれ3巻以降も買いに行こうと思っている。

 

既に原作がある作品の漫画化というのは、正直な所アニメ観ればよくない?と思ってしまうタイプだったのだが、この漫画でその概念が覆された。

 

漫画って素晴らしい。

 

余談だが、こうやって思った事を書く際にも手元に漫画があるので読み返しやすいからやっぱり紙の本が良い。

 

そういった意味でデジタル化が進んでいる中で、紙の本の良さを感じたのだった。

 

おっと、話が大きくそれてしまった。

 

私は個人的には、Fateの2つ目のルートのヒロインである遠坂凛が好きなのであるが、シナリオという意味ではHFを押したい。

 

好きなのは遠坂凛だが、共感出来るのは間桐桜だ。

 

遠坂凛ほど優秀を体現した存在はいないし、とても憧れる。

 

しかし、それは自分が完全にそうはなれないと認めてしまっているからだと思う。

 

人は自分がなれそうなものに憧れることはないから。

 

人は自分にないものを持っている人を好きになる。

 

自分もそうなのでなんともいえないが、それってどうなんだろう・・・と思うこともある。

 

その好きな部分がなくなったらその人を嫌いになるのだろうか?

 

好きって何だろうか。

 

え?考え方が幼い?中二病?けっこう!私は一生中二病で生きていきます!

 

Fateを読むことによって、そんな関係のないことまで考えてしまう私はちょっとどうかしてるのかもしれない。

 

さてさて、そろそろとりとめがなくなってきたので終わりにしようか。

 

とにかくこの漫画版Fate HFはお勧めだし、読んで絶対に後悔しない素晴らしい作品になっているから、初見の方はもちろん、既に原作をプレイ済みという方もぜひ読んでほしい。

 

 

 【書籍版】Fate/stay night(Heaven's Feel)

Fate/stay night (Heaven's Feel) (1) (カドカワコミックス・エース)

Fate/stay night (Heaven's Feel) (1) (カドカワコミックス・エース)

 

 

  【Kindle版】Fate/stay night(Heaven's Feel)

Fate/stay night [Heaven's Feel](1) (角川コミックス・エース)

Fate/stay night [Heaven's Feel](1) (角川コミックス・エース)

 

 

 

 

p.s.

この駄文をここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます!

 

最後まで読み通してもらえるほど嬉しいものはないです。

 

ブログやツイッターに感想をコメントしてもらえたら、きっと喜びすぎて鼻水出ます。

 

 

 

・・・・・・

 

それでは、またどこかの記事でお会いしましょう!

ギターを購入する前に知っておこう!レスポールタイプの魅力と特徴

f:id:rhythm77:20190427164828j:image

 

 

1.レスポールをお勧めする理由は3つ!

 

こんにちは!ギター大好き野郎のじゅんです。

 

この記事を閲覧されているということは、みなさんも少なからずギターに興味をお持ちだと思います。

 

そんなみなさんが、エレキギターと聞いて真っ先に思い浮かぶのはどんなものでしょうか?

 

 おそらくこんな形や、

 

 

Fender エレキギター Player Stratocaster®, Maple Fingerboard, 3-Color Sunburst(画像はAmazonリンク)

 

 

こんな形だと思います。

 

Gibson ギブソン 2016年モデル エレキギター Les Paul 50s Tribute 2016 (Satin Honeyburst/Dark Back)(画像はAmazonリンク)

 

 

この記事で紹介するのは、後者のレスポールタイプのギターです。

 

以前、以下の記事で簡単にギターの種類を紹介しました。

 

zyun-note.hatenablog.com

 

今回の記事では、レスポールタイプについてもう少し踏み込んで説明したいと思います。

 

 

1.1 他の種類のギターに比べて音が太い

 

レスポールは、ギブソンという会社から発売されているギターです。

 

Led ZeppelinJimmy Pageや、初期のEric ClaptonRandy RhoadsSlashなど名ギタリスト達が愛用していたスタンダードなギターでもあります。

 

かくいう私も、レスポールタイプ(コピーモデル)のギター「GrassRoots G-KT-48」を使用しています。

 

(画像は楽天リンク)

 

このギターは、以前使っていたストラトタイプのギターに比べると、出てくる音がとても太いと感じました。

 

音の太さは弾きやすさに直結してくる事柄なので、なかなか侮れません。

 

音が太いってどういうこと?と思うかもしれませんが、これを分かりやすく表現した楽曲があります。

 

Led ZeppelinRock and Rollです。

 

Rock and Roll

Rock and Roll

  • provided courtesy of iTunes

 

かなり重厚なギターサウンドですよね。

 

レスポールは、ピックアップ(ギターの音を拾うマイク)がハムバッカー(マイク2つで集音)のため、音にとてもパワーがあります

 

※今はストラトタイプにハムバッカーがついているものも多いですが、音の太さはボディーの形状にも大きく左右されるため、レスポール特有のパワー感は得られません

 

ロックやジャジーな音楽には、レスポールの甘いトーン(角がなくて丸い音)がぴったりですね。

 

私は最近のロックやアニメソングを頻繁に聴くのですが、こういった激しめの音楽を演奏する場合、ストラトよりパワーのあるレスポールが弾きやすいなぁという印象です。

 

とはいうものの、私が好きなアーティストはストラトを使用している方が多いので、結局は弾き手の問題なのかもしれませんね。

 

 

1.2 レスポールタイプはリードだけでなくギターボーカルにも適している

 

レスポールタイプはネックがミディアムスケールのため、私のように腕が短い方でも弾きやすいと感じました。

 

ストラトタイプはネックがレギュラースケールのため、ローポジション(1フレット~3フレット)あたりが遠く、演奏するのに少しだけ苦労するのです。

 

レスポールタイプはローポジションのコードを弾く際のストレスが少ないことが魅力の1つですね。

 

リードプレイのイメージが強いレスポールですが、上記の理由からギターボーカルのバッキングギターにも適しています。

 

 

1.3 レスポールタイプはサスティーンが長く弾きやすい

 

音が太いということに関係するのですが、レスポールタイプはとにかくサスティーン(音の伸び)が長く感じました。

 

サスティーンが長いと何が良いかというと、ギターソロなどのリードプレイが弾きやすかったり、コードチェンジの際の音切れが少なかったります。

 

そういった意味だとストラトテレキャスターは、もっと音がタイト(短い)です。

 

これは別に悪いということではなく、むしろカッティングなどではタイトなギターの方が向いていたりします。

 

そういった意味で、カッティングを多用するアーティストはストラトタイプやテレキャスタイプを使用していることが多いです。

 

逆にハードなギターリフや、ギターソロを弾くアーティストはレスポールタイプを使用していることが多いんですね。

 

 

2.レスポールの少しう~んと思うところ

 

2.1 他の種類のギターに比べて重い

 

これはほとんどのレスポールタイプのギターに当てはまることですが、とにかく重いです。

 

テレキャスストラトと比べると体感で1~3キロは重量が違うように感じます。

 

力に自信がない女性がもつと、立っているのがしんどく感じてしまうかもしれません。

 

エレキギターはライブで立って弾くものですから、30分~1時間は持っていないといけません。

 

なので購入する前に、立って弾いても重さに耐えられそうか確認しておくと良いと思います。

 

 

2.2 ヘッド落ちするギターがある

 

レスポールタイプのギターはヘッド側が重たいため、どうしてもヘッド落ちしてしまうものが多いです。

 

ヘッドというのは、ギターの先端、人間でいう頭にあたる部分で、弦を巻く場所です。

 

立ってギター弾く際に、レスポールタイプはヘッドが下に落ちてきてしまうことがあります。

 

どういうことかというと、レスポールタイプはヘッド側がかなり重たく設定されているため、肩にかけているストラップがずれてきて、最終的にヘッドが地面の方に傾いてしまうのです。

 

私が使用している「GrassRoots G-KT-48」もがっつりヘッド落ちするので慣れるまで苦労しました。

 

ヘッド落ちについていろいろな対策はありますが、基本は右手で常にボディを押さえて弾かなければならなたいため(ギターを体に固定する)、少し弾きにくいな感じてしまうかもしれません。

 

特にストラトから持ちかえると、半端じゃないほどそれを実感します。

 

ストラトが初心者にお勧めされるのは、初心者でも演奏しやすいという理由が大きいと思います。

 

しかし、右手をボディに固定するホームはデメリットばかりではなく、右手の余分な動作を少なくさせる効果もありますので、あまり悲観的になる必要はないかと思います。

 

 

3.まとめ

 

どうでしたでしょうか?

 

レスポールの魅力が、みなさんに少しでも伝わっていたら嬉しいです。

 

ストラトに比べると、プレイアビリティーに不安を感じるかもしれませんが、レスポール音の素晴らしさを知ったらきっと離れられなくなること間違いありません。

 

Jimmy PageLed Zeppelinの初期はテレキャスターを使用していましたが、その後ずっとレスポールを使用し、今ではJimmy Pageといえばレスポールと言われるほど愛用しています。

 

ストラトタイプと比べると少しだけ値段が高い傾向にありますが、得られる音はとても素晴らしい音なので、ぜひ楽器屋さんで試奏してみてください。

 

 

4.お勧め関連記事

 

zyun-note.hatenablog.com

 

zyun-note.hatenablog.com

 

【毎日30分】ギターの右手と左手が合わない人の解決方法!

f:id:rhythm77:20190422211209j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 

1.ギターの右手と左手が合わない理由!

 

こんにちは!じゅんです。

 

みなさんはギターを弾いていて「なんか右手と左手が合わないなぁ」と感じることはありませんか?

 

その原因を、「ただの練習不足だ!」という風に捉えるのは危険です。

 

なぜなら、その原因を理解して、より効果のある練習方法を行なったほうが良いからです。

 

今回は、右手と左手が合わない理由と解決するための練習方法を紹介します。

 

 

1.1 「ギターを弾けばそのうち右手と左手が合ってくるだろう」と思っている

 

私は「ギターを弾いていれば、両手のタイミングは自然と合うだろう」と考えていました。

 

そして、自分は両手のタイミングが合っている!とも思ってもいました。

 

それがうまく出来ていないと気が付いたのは、ギターを弾く時だけリズムがとりずらかったからです。

 

歌う時やピアノを弾くときは気にならなかったのですが、ギターを弾くと「あれ?なんかリズムが合わない」と感じるのです。

 

このことから、私のギターの弾き方、練習の仕方に問題があることが分かりました。

 

 

1.2 ギターの右手と左手を同時に動かす練習には限界がある

 

一般的なギターの練習は、両手を使うことを前提としたものが多いですよね。

 

しかし、ピアノを練習するときと同じように、ギターも最初は片手ずつで練習するべきだと私は思います。

 

なぜなら、両手でしか練習していないと、両手でしか弾けなくなるからです。

 

試しに右手のみ、左手のみで弾いてみてください。

 

おそらくいつも通りの動きは出来ないはずです。

 

これは、左手の運指を基準にして右手を動かしているからです。

 

つまり、右手は左手がないと弾けないという状況ですから、片手ずつで練習する意味が伝わったのではないかと思います。

 

それでは、練習方法を本格的に紹介していいきたいと思います。 

 

 

2.ギターの右手と左手を合わせるために私が工夫したこと

 

2.1 ギターの右手と左手を分けて練習する。

 

まず、左手と右手のどちらが苦手なのか調べてみましょう。

 

右利きの人なら、左手が苦手な場合が多いでしょう。

 

私もそうでした。

 

なので、まずは左手だけの練習を始めると良いです。

 

右手は全く使わないので、弦に触れてミュートしておきましょう。

 

まずは、自分が既に練習して知っているフレーズをひたすら左手のみで練習します。

 

左手のみだと音が出ないため、ちゃんと左手の動きを覚えていないといけないため、とても良い練習になります。

 

少し慣れてきたら、曲に合わせて左手を動かしてみましょう。

 

これがうまく出来ないようなら、まだその速さでは弾けないということです。

 

両手で弾くなんてもっての他ですね。

 

この練習をテレビを見ているとき、動画を見ているときなどにも行いましょう。

 

実際に音は出ないため、テレビや動画を邪魔すること

 

とりあえず動きを覚えていろいろな速さで弾けるようにすることが大切です。

 

そして、それと並行して右手のみの練習も取り組んでみましょう。

 

左手で弦に触れておきミュートをした状態で、譜面通りに右手でピッキングするのです。

 

そして、右手も左手も、曲に合わせてある程度動けるようになったら、両手で弾いてみましょう。

 

おそらく、今まで感じたことのないぐらい実力が上がっていると思います。

 

 

2.2 臨機応変に練習メニューを変更する

 

今まで続けられていた練習を諦めてしまうトリガーは、誰しもあるものと思います。

 

3日~1週間ぐらい続けても成果が出ないと嫌になってやめてしまいますよね。

 

持論ですが、これはなんとなく効果があると思うものしか続けることは出来ないと思っていて、私の場合この右手と左手を分ける練習がそれでした。

 

常に自分にあった練習を探し、なんか違うなと思ったらどんどん練習を変えて行ってしまっていいと思います。

 

無理に続けようとしても、よほどの精神力の持ち主でない限り続きません。

 

自分に合った練習を意識して、これからもギターライフを楽しんでいきましょう。

 

 

3.おすすめ関連記事

 

zyun-note.hatenablog.com

 

zyun-note.hatenablog.com

 

【実体験】ブログを3ヶ月間行ってみた ~甘くない現実~

f:id:rhythm77:20190415234054j:plain

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

 

1.ブログを3ヶ月間行った結果

 

こんにちは!じゅんです。

 

ブログを始めてから3ヶ月経過し、ついに4ヶ月目に突入しました。

 

飽き症な私ですが、ここまで続けられたことにビックリです。

 

 

この3ヶ月で行ったこと

 

・ほぼ毎日ブログ更新(現在88記事)

 

・ブログデザインの変更

 

Googleアナリティクス・Google Search Consoleへの登録

 

Amazonアソシエイトへの登録

 

A8.netへの登録

 

楽天アフィリエイトへの登録

 

iTunesアフィリエイトプログラムへの登録

 

・ブログに費やした時間⇒およそ100時間から150時間(実際はもっとかも・・・)

 

 

結果

 

・一日数人ですが、Google検索からアクセス(検索流入)されている

 

・検索流入意外のアクセス(はてなぶろぐやTwitter)も含めると、1日10人~20人

 

・収益はもちろん0円

 

・広告のクリック数は1桁

 

・商品リンクのクリック数は、すべて合わせても2桁代

 

 

ブログ・・・厳しい!

 

というかセンスなさすぎだろ俺・・・

 

 

いや、まぁ、三ヶ月ぐらいじゃそんな上手いこといくわけないと分かっていましたが、現実としてつきつけられるとなかなか堪えますね・・・

 

やっぱり、記事は多くても質があまり良くないからかなぁ・・・

 

文字数も1000字~2000字とかなり少ないし・・・

 

今読み返してみると、意味が分かりずらいものも結構あるし・・・

 

3ヶ月毎日更新するという目標はほぼ達成したと言えますが、そろそろ量より質にシフトしていった方が良いのかも・・・と悩んでいます。

 

 

2.検索流入が発生し始めた

 

しかし、3ヶ月経って変わったこともありました。

 

それは、検索流入が発生し始めたことです。

 

最初はほとんど検索流入がなかったのですが、最近はちょっとずつアクセスしてくれる方が出てきているような気がするのです。

 

とはいうものの、どこからアクセスが来るのか確かめるために使っているGoogleアナリティクスを最近やっと理解してきたため、実際増えているかどうかはっきりしているわけではないです。

 

しかし、全体のアクセス数が増えていくごとに、検索流入も増えてきているという体感はあります。

 

よくよく考えてみると、一日十数人もこのブログを見に来てくださっているなんて、最初の頃に比べればすごいこと。

 

欲張りは良くないですよね。

 

とりあえず、今はそのアクセスしてくれている人を大切にしないと。

 

見限られてしまわないように、頑張ります。

 

とりあえず、新たに目標を定めようかな・・・

 

 

3.お勧め関連記事

 

zyun-note.hatenablog.com

 

zyun-note.hatenablog.com